<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 21日

根性焼き

リペアが忙しくなってきました。

本日3台のchestを並べてリペア。

そのうちの一台は天板にタバコで焼けた跡が。

b0169884_22285581.jpg


気合入ってます。


なるべく目立たなくするため焼け跡をくりぬいてしまいましょう。

b0169884_22295224.jpg







ブラックジャックが全身に見事な刺青の入った親分の手術をしたときのことを思い出した。

自慢の刺青を傷付けたくない親分は絶対切らないでくれと。

しかし奥さんは手術をして助けてくれと言う。

そして手術をすることになったブラックジャックは、親分との約束は守らず
刺青の入った箇所にメスを入れる。

ヤロウ、切りやがったな!と子分たちが怒り狂う。

奥さんが

オヤメ!と止める。

私の目の黒いうちは先生は安心して下さい。と。



親分は一旦全快し死ぬまで手術の跡を見せなかった。

奥さんも亡くなり、息子が

今こそ確かめる時がきた!
と、法医学標本室に保存してあった親分の刺青の皮を確認する。

しかし傷跡は見当たらない。訳を教えてください。と息子が言う。

鋭利な刃物で皮膚や筋肉のはしる方向にそって切れば、
ふさがれたキズ口はすっかりなくなってしまうものだ。

ただし、よっぽどすばやく正確に切らなければならん。

さすがの私も切る瞬間には冷や汗が出たもんだ。

と言って去っていった。


カッコイイ!

この一部始終は木工にも当てはまることで、木目に沿って切ったり合わせたりすれば、
継ぎ目を目立たなくすることができる訳です。


そしてリペア後

b0169884_23233691.jpg


くりぬいた箇所には、天板と同じ材質であるチークの突き板を。

b0169884_23235417.jpg




さすがの私もくりぬく瞬間には冷や汗がでましたが、
なんとか目立たなくなりました。
[PR]

by labour_and_wait | 2010-10-21 23:40 | repair | Comments(0)