LABOUR AND WAIT  furniture service

labour.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 13日

古家具ミヤマコ

先週、青森県弘前市にオープンする[古家具ミヤマコ]さんの内装のヘルプに
行ってきました。(オープンの詳しい日程は未定です)

茨城から片道630km。

170000km走っているマイカー。
一応タイヤを新品にし、オイル交換とワイパーゴムを交換し、完走できることを信じて、いざ出発。
b0169884_23511780.jpg

朝8時出発。
いままでツルツルだったタイヤ。
走行音も静かになり、何より真直ぐ走るようになったのがうれしい。


途中、内装で使用する為の錆びたトタンを知り合いから譲ってもらう。

まあ〜福島県が長い。宮城はもっと長く感じる。
途中太い虹が出て、虹を下を通ってやる〜!と一瞬テンションを上げ宮城から脱出。
b0169884_23553130.jpg


休憩をいれ9時間かかり到着。

まずは現調。
b0169884_051615.jpg

古家具ミヤマコの店舗は2Fにあります。
b0169884_23591181.jpg

前職の同僚のミヤマコくん。
自分の仕事もよく手伝って貰ったりで、好きなものや考え方がよく似た中々出会えないタイプ。
人のお店は作っても自分のお店は初めて。
気合い入ってます。

b0169884_082368.jpg


階段上がって正面の壁面と右手の壁面のお手伝いをします。
とりあえず移動の疲れがMAXの為、頭が回らず、ミヤマコ家へ行き早々に就寝。

2日目、寝ながら考えた案を提案しプラン決定。
ホームセンターへ材料買い出しに出発。

b0169884_0162272.jpg

カラフルな雪かきが並ぶ。
旅先で必ず寄りたいのは、ホームセンターとスーパーと産直。
どれも地域性が出て面白い。
b0169884_0194093.jpg

さすが青森。リンゴの里。
b0169884_0203048.jpg

このテープは子供のお土産に決定。

b0169884_054385.jpg

ELD!?
思わず2度見したPOPがお茶目なLEDランプ。

買い出しを満喫し、お昼ご飯へ。
b0169884_0242330.jpg

そば屋 一力

そば屋なのにラーメンを出す珍しいそば屋。
b0169884_0265696.jpg

煮麺(にゅうめん)に似た風味のラーメンでアッサリ味。

そして現場へ。
b0169884_0313814.jpg

下地を貼る準備。
b0169884_0322533.jpg

この窓は少し大きくて、日中は日が入りすぎるので少し小さくします。

b0169884_0351767.jpg

b0169884_0365784.jpg

2日目、作業終了。
b0169884_0385188.jpg

ミヤマコ向かいにある居酒屋の、はすやさんでミーティング。

3日目
b0169884_0414239.jpg

地元の庭師、花田卍丸シュウスケくん。
3日目にて本名を教えてもらった。

彼にモルタルをこしらえて貰い新たな試み、ブロック風の壁面を作ります。
b0169884_0475788.jpg

一枚一枚貼付けます。
b0169884_0483656.jpg

まあ狙い通り。

b0169884_050187.jpg

そして仕上げに塗装をします。
粗方塗って3日目終了。

そしてこの晩、ミヤマコ家で開催した弘前ならではの遊び、アップルパイの食べ比べ。
最近マイブームのアップルパイ。この遊び、やらずにはいられません。

弘前市ではアップルパイを扱うケーキ屋、パン屋が45件を超えます。
それだけ力を入れ本気で取り組んでいる町なのです。
b0169884_162491.jpg

b0169884_1194767.jpg

この中より1次審査で6種類のアップルパイを選考し、購入。

そして2次審査は7人で食べ比べ。
b0169884_194040.jpg

アンジェリック
b0169884_195633.jpg

開雲堂
b0169884_1101216.jpg

クローヌ
b0169884_1102727.jpg

ラ・ポアール
b0169884_1105958.jpg

ジルチ
b0169884_1111468.jpg

ル・キャッスル

自分以外は弘前出身のリンゴのプロ。
リンゴに対して厳しくそして詳しい。
意見をまとめた結果、生地とリンゴの食感とシナモンの風味の効いたクローヌのアップルパイが
第1回目の王者に輝きました。

お土産にはクローヌのアップルパイ、おすすめです。


4日目
完成。
b0169884_1292628.jpg

b0169884_1301644.jpg

錆色の壁面、トタンの壁面、ブロックを積み上げたように見せた壁面。
ミヤマコくんの好きな雰囲気は出せたと思います。

では店内ぐるっとしてみます。
b0169884_132642.jpg

2Fフロアの中に小屋が建ててあり、室内なのに外と中の雰囲気を楽しめる不思議な感じ。
b0169884_1343655.jpg

小屋入り口
b0169884_135172.jpg

小屋室内


小屋外
b0169884_1362728.jpg

b0169884_1373361.jpg

b0169884_1375851.jpg


b0169884_1384359.jpg

日々出来上がる内装にご満足な様子。
それもそのはず。
夢にまでみた自分のお店を持てるのだからね。


これから商品となる古道具のセレクトとディスプレイで忙しい日々が続くでしょう。

商品が入りガラリと変わる店内とオープンする日がとても楽しみなお店です。
ちょっと遠いけど、みなさん是非行ってみて下さいね。
[PR]

by labour_and_wait | 2012-11-13 02:13 | work
2012年 11月 08日

K様邸 小屋製作

つくば市 K様のご自宅のお庭に、1畳程の小さな小屋を製作させて頂きました。


はじめて打ち合わせしたのは6月頃でした。

急な仕事が重なってしまい、今までお待たせしてしまいました。

その反面、お世話になっている古着屋のASAYAKEさんに
アメリカの買い付け時に探してきて欲しいとお願いした、
アンティークのドアの蝶番と、

それと解体前の家屋に行き譲り受け継いだ小さな窓を入手。

探していたものが手に入り製作開始。

b0169884_21134841.jpg

まずは基礎から。
b0169884_21141540.jpg

土台を作り、フロアの水平をとります。
b0169884_21162224.jpg


小屋自体の製作は、製材の作業効率や機械の騒音などを考え、工房での作業にしました。

b0169884_21235028.jpg

骨組し、
b0169884_21244266.jpg

下地を貼り、古材のドア枠と窓枠をつけ、
b0169884_2126475.jpg

トラックの荷台に乗せ、現場へ運び設置。

仕上げの外壁で使用する板もエイジングを施し準備。
b0169884_21442825.jpg


屋根を作ります。
今回の小屋の屋根は木の板屋根に。
雨漏りしないようルーフィングを貼ります。
b0169884_21283238.jpg

板屋根の材はウッドデッキでよく使用されるレッドシダー。
b0169884_21301198.jpg

一枚一枚、色味と幅のバランスを見ながら釘で留めます。

b0169884_21353747.jpg

屋根葺き完了。


b0169884_21363316.jpg

壁面にも防水シートを貼り、

仕上げの外壁の板を貼り、古材で製作したドアと窓を取り付け完成。
b0169884_21404684.jpg

b0169884_21405516.jpg

愛犬のスパイクくんもご満足の様子で。

b0169884_2141698.jpg



b0169884_21461352.jpg

正面にランタンを取り付け、夜の雰囲気もバッチリ。

小屋とお揃いのバードハウスも、ちゃちゃっと製作。
b0169884_21483116.jpg



この小屋で使用した古い資材がタイミングよく見つかり、
使用したいサイズや雰囲気の古材や金物や建具など、偶々の巡り合わせに感謝です。


products by
shingoster LIVING
LABOUR AND WAIT furniture service

thanks
ASAYAKE
[PR]

by labour_and_wait | 2012-11-08 22:16 | work