平屋に暮らす

お知らせ。

平屋に暮らす
b0169884_1384623.jpg


以前、改装をさせて頂いた、横内さんの自宅が載りました。

こんな感じで。

b0169884_1422080.jpg


施工したのは、2009年の夏だったから

あれからもう3年近く経つんだなぁ。



キレイなままキープされているんでびっくりしました。


興味のある方は是非本を購入してみて下さい。
[PR]
by labour_and_wait | 2012-02-19 01:46 | etc

ヴァナゴン 3

ヴァナゴンT3 ウエストファリアの改装。

b0169884_21114892.jpg



フロアを貼ります。

b0169884_21131614.jpg


材は10mm厚の赤松。


仕上げはオイルで。

b0169884_211496.jpg




次はシートの張り替えかな?

あー、キャンプ行きたくなっちゃうなぁ。
[PR]
by labour_and_wait | 2012-01-29 21:27 | etc

ヴァナゴン 2

ヴァナゴンT3 ウエストファリアの改装。

素材も色味も無機質な寒い感じを解消するべく、
まずはすぐ取りかかれる扉などを製作。

b0169884_0455578.jpg


b0169884_0461866.jpg


b0169884_1017100.jpg


b0169884_0464959.jpg


b0169884_047639.jpg


北欧家具などで使用されているチーク材を使用。

パーツを木製にするだけで暖かみのある落ち着いた空間に。
[PR]
by labour_and_wait | 2012-01-12 01:05 | etc

ヴァナゴン

フォルクスワーゲンのヴァナゴンT3 ウエストファリア
b0169884_2293481.jpg


もともとキャンピングカーだが、内装を洒落乙にして欲しいとの依頼。

b0169884_22105673.jpg


b0169884_2211178.jpg


b0169884_22113843.jpg


b0169884_22115135.jpg


勿論このままでもカッコイイが、色的に寒い印象で無機質な感じがいかにも車っぽいので、
少しずつなんとかしていこう。
[PR]
by labour_and_wait | 2011-12-16 22:26 | etc

8/20につくば市で開催される野外フェス、[つくば音の森]
http://people-maga-zine.blogspot.com/

このつくば音の森のフードブースで出店するイチゴ屋の[つくばねファーム]の小辻くん。
http://tsukubanefarm.com/

彼から面白い素材での依頼を受けた。


b0169884_740265.jpg


三輪車。

これを使って、かき氷販売車にすると言う。

おもしろい。

1日で出来るくらいのクオリティでという要望もあり、ちゃちゃっと製作。

b0169884_7435297.jpg

いざ製作、エイジング塗装するも、そのおかげで昭和の香りが。

b0169884_7473963.jpg

バタフライテーブルのようなカウンターを。
天板は無垢のケヤキを使用。

内部は容器やシロップを収納できるよう扉を。
b0169884_7495176.jpg

b0169884_750911.jpg



b0169884_7505048.jpg

この屋台で、つくば音の森会場を走り回ることでしょう。
b0169884_7543377.jpg


サドルのとこにパラソルをさせるのかな?
前にバスケットでもつけたらかわいいかも。

他にもいろいろやりたいことが出てくるが、あとは小辻くんにおまかせしよう。
こういうの作ると、今後はケータリングの販売車やキャンピングカーとかもやりたいですね。

販売模様は当日つくば音の森で。


去年の末頃からゆっくりでありますが、つくばねファームの改装工事をしています。
その模様はまたの機会に。



楽しそうなので画像使わせてもらいますね。
b0169884_2142961.jpg

b0169884_2144383.jpg

(9/24のつくばねファームさんのブログより引用。)
[PR]
by labour_and_wait | 2011-08-08 08:09 | etc

弘前滞在時間も残り僅か。
次に向かうは隣町の鰐木工さん。
一緒に案内してくれた鰐木工の家具職人、セイタローくんの仕事を見に行くコトに。
b0169884_21551368.jpg


大型機械も充実。良い仕事が出来そう。
b0169884_21592588.jpg


展示場に案内してもらい作品を見せてもらう。
ん〜良い仕事してますねぇ。

さらなるやる気を頂きました。
b0169884_2202488.jpg



b0169884_22262130.jpg

滞在は1日半、見るものは文化的で素晴らしく、出会った方は刺激的な方達だった。
皆さんお世話になりました。また遊びに行きます。

へ〜ばな〜。
[PR]
by labour_and_wait | 2011-06-12 22:35 | etc

名所の観光を終え、弘前市内の商店街を案内してもらうことに。

古い町並みを残した商店街を改装した雰囲気のあるショップが多い。
まるで町がショッピングモールだ。

miyamakoくんのよく行くショップに遊びにいくことに。
b0169884_2331273.jpg

赤煉瓦のSPACE DENEGA。
ここでは個展、コンサートなど様々なイベントが行われている。

テナントに入っているのは

slow poke
http://blog.shop.slowpoke.jp
b0169884_2335040.jpg

b0169884_23352763.jpg



cafe zilch【ジルチ】
http://cafezilch.exblog.jp
b0169884_23385530.jpg

b0169884_23391865.jpg




そして、またも古い赤煉瓦の雰囲気あるビルに入るショップ、
THE STABLES [ステーブルス]
http://www.thestables.jp
b0169884_05577.jpg

b0169884_052081.jpg



先日、つくばのシンゴスターさんで行われた、ogurusu norihideさんのライブ。
キャンドルの薄明かりの中、幻想的で素晴らしいライブだった。

http://shop.beams.co.jp/tag/?tagid=2752

上記のcafe zilchさんでもライブされたこともあるオグルスさん。
少しお話する機会があり、上記店舗のことももちろんご存知で、夜に食べた焼き鳥屋など
弘前の話に花が咲いた。



お昼ご飯はコチラ。
弘前と言えば
b0169884_011264.jpg

シュリンプカレーでしょ!
b0169884_014497.jpg


しかし、以前エビを食べて気絶した経験がある為、無難にポテトカレーを食べた。
[PR]
by labour_and_wait | 2011-06-10 00:10 | etc

zutのmiyamakoくんが独立の為、地元の弘前に帰郷しました。
知的でセンスがよく、人徳があり信頼出来ます。
家具、雑貨、フレーム製作、アンティーク家具のリペア、内装、エイジング塗装などなどなどなど、なんでも出来ます。

お近くの方!頼もしい漢が帰って来ましたよー。

彼の活動模様はコチラ

http://miyamaco.jugem.jp/


そんな彼の故郷にお邪魔しました。

b0169884_725227.jpg

桜の季節にもう一度行きたい弘前城。
b0169884_7254779.jpg



重要文化財のお寺がズラリのお寺ストリート。
市のマークが卍だけに、見渡す所は、お寺、お寺、お寺。
なんか神聖な所って感じ。
b0169884_7273876.jpg

b0169884_730426.jpg

b0169884_7305957.jpg

b0169884_7311595.jpg

b0169884_7313917.jpg


miyamakoくんの成功を祈願し鐘をならすものの、打ち方がダサイと指摘され二度と鐘が打てない体にされた。
[PR]
by labour_and_wait | 2011-06-08 07:39 | etc

What's in your room

b0169884_21134191.jpg



b0169884_226153.jpg


つくばのSHINGOSTER LIVINGさんで、

【What's in your room 古家具と古小物】 のイベントが開催されます。



この日の為に、はるばるデンマークよりやって来ました家具たちを、約30台リペアしました。


Table , Chair , Desk , Side board , Chest , Cabinet , Book case

などなど。


もともと状態はいい方でしたが、お化粧してさらに男前になり、美人になった家具達を
見て、触れて見て下さい。

きっといい出会いがあると思います。
[PR]
by labour_and_wait | 2010-11-19 22:13 | etc

カホン製作


カホンという打楽器をご存知でしょうか。

数年前、TVで紹介されてるのを見て、興味はあったものの、名前を知らないまま
その打楽器のことを忘れていた。

数ヶ月前、昔、仲の良かったバンドのCHANGE UPのLIVEに行く機会が有り、
会いに行った時のこと。会うのは実に10年ぶり。
http://www.changeup-hp.com/

ドラムのIKIOくんは、高校時代の仲間。

彼からカホン作れる?

カホンってなんだっけ?

あーあれね。

みたいなやり取りがあり、今回製作してみた。


b0169884_0334443.jpg


ナラ 300×310×495
color : dark oak

b0169884_0341958.jpg


座面は、アンティークのチェアから取った本皮を真鍮の鋲止めで。

b0169884_0343723.jpg


裏には音を逃がす為のサウンドホールを。


Cajonはスペイン語で箱を意味し、その名の通り中が空洞の直方体の形状をしている。
打面の裏にはスネアドラムで使われるスナッピーや弦や鈴などを仕込むことが多く、これらを仕込ませることにより特徴的なバズ音を得ることができる。

今回、中部にはスナッピーを取り付け、叩くとスネアドラムを叩いた時のような音が。

基本奏法は、楽器の上に跨って、楽器の打面やその縁を素手で叩く、というものである。

近年ではコンパクトで電源が要らず、ドラムセットのようなサウンドを得られることもあり、ストリートミュージックに重宝されている。




KIDSサイズのカホンも。

b0169884_1121494.jpg


ナラ 195×220×230
color : natural

b0169884_1131237.jpg


b0169884_1132686.jpg



b0169884_113455.jpg


b0169884_114097.jpg

[PR]
by labour_and_wait | 2010-09-03 00:18 | etc